生活保護から脱出して自立

僕は今現在52歳です。

昨年の11月から生活保護受給して今現在生活保護受給しています。

 

生活保護受給するに至った経緯は昨年の8月で会社を辞めてトレーダーになる予定でした。

理由は本業よりも副業のFXの稼ぎが多かったからです。

ですが会社を辞めた途端に資金がマイナスに傾きとうとう資金が底をついてしまい

にっちもさっちもいかなくなり生活保護を申請しました。

 

実は生活保護受給は今回が初めてではありません。

5年前に一度生活保護受給してます。

これはちゃんとした理由があります。

勤めていた会社が倒産して給料が直ぐに支払われないため

次の仕事決まるまでもしくはその給料が支払われるまでの間で受給しました。

 

会社倒産っていう理由と給料が直ぐに支払われないと理由で直ぐに生活保護費は支給されました。

保護費というより繋ぎ金です。

これは生活保護を申請にしに行ったら生活保護受任されるかどうか時間かかります。

なのでその間にお金がないと生活出来ないから生活保護決定するまでの間の生活費です。

 

これは社会福祉協議会から小切手でもらいに行きます。

その小切手を指定された銀行で現金に変えます。

金額の上限はあります。

 

生活保護申請してから受任されている決定されるまでの間を日割り計算して支給されます。

金額の上限は各都道府県によってまちまちですが僕の住んでるところは上限は5万円です。

このお金はあくまで繋ぎ金なので生活保護費が支給されたら返金しないといけません。

もちろん一番最初に支給される生活保護費にはこの繋ぎ金の返金分も含まれています。

 

生活保護受給中に僕は自己破産申請しました。

これはケースワーカーに勧められてやりました。

生活保護受給中は弁護費用は無料です。

それも自己破産申請の理由の一つでした。

 

自己破産は無事に終了しました。約半年かかりました。

そして弁護費用は法テラスが一時的に立て替えてくれました。

この手続きも弁護士事務所でやりました。

 

ただこの弁護費用の支払い能力あるないを審査して決定が下るのは

自己破産が決定してから半年かかりました一年って連絡がきました。

なので今現在は弁護費用の支払いがどうなるのか連絡待ちです。

 

僕は今現在生活保護費は月に10万円支給されています。

そのうち3万円が家賃で残り7万円のうち2万円が貯金が貯金です。

そして残り5万円のうち3万円が光熱費と携帯料金で残りの2万円が食費です。

それと2ヶ月に一回ケースワーカーの家庭訪問があります。

これはたまに抜き打ちでくるから気をつけましょう。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA