うつ病で生活保護に

・生活保護を受けたきっかけ

私は親から虐待を受けていた関係で実家や親戚とはいっさい交流がありませんでした。

それでも高校生までは少しの生活費をもらって一人暮らしで生活していたのですが、

もらっている金額では生活がままならないので毎日アルバイトをして生計をたてていました。

 

高校を卒業するまで毎日学校とアルバイトの慌ただしい生活で

精神衛生上よくない生活を三年間も送っていたため、

高校を卒業する少し前に精神科に通うようになってしまいました。

 

実家からは仕送りは高校までだと言われていましたし、

自分的にも就職してまで仕送りを貰うつもりはありませんでした。

しかし、就職を目の前にして精神科の先生から、少し仕事は休んだ方がいいと言われてしまいました。

 

精神的に疲れ切っていたので反抗する気もおきずアルバイトをやめて、就職も先送りにしてしまいました。

当然それでは卒業後の生活が危ないので、どうしたらいいのかと当時のアルバイト友達に相談したら、

頼るところがないのなら生活保護という制度があるよ。

と教えてもらったのです。

 

・受給までの苦労

まず、どこに相談に行けばいいのかをいろいろ調べました。

それはそこまで苦労することなくわかったのですが、

相談に行ったら、やはり言われるのが家族のこと。

自分的にはあまり深く事情を話すのは辛い部分もあるのですが、

受給にあたって必要なことなので話さないわけにはいきません。

当時は精神的に健康な状態とは言えなかったので、

細かく事情を話すのに混乱したり泣きたくなることがありました。

 

相談での苦労は心理的なものが多いです。

相談員の方に家族の事や病気のことや今までの生活の事などを細かく聞かれるので

答えるのに疲れたり辛くなったりするという心理的苦労が目立つように思いました。

申請については当時の知識のなさが原因ですがわからないことを言われて

頭が混乱することが多かったように思います。

 

・生活保護の内容について

生活保護が開始されてからは、医療券というものを貰えました。

病院にかかる際に申請して医療費を免除してもらうものです。

私は精神科に通っていたので毎月もらっていました。

その際ケースワーカーの方に自立支援医療制度を教えてもらい、それを申請するよう言われました。

 

生活費の扶助や家賃の扶助もありました。

その他にも細かい扶助制度があったように記憶しています。

定期的に担当のケースワーカーが自宅に訪問することがあり、

その都度病気の様子や生活の様子を聞いてくれます。

 

・生活保護を実際に受け取った時の感想

実際に保護費が支払われたときは、しばらくは病気を治すことに専念できるな。

と思いました。

それと同時に、早く治して働かなければ。とも思いました。

 

・生活保護費の具体的な金額

保護費は家賃を除いて8万ちょっとでした。

当時19歳だったので年齢的なこともあったと思います。

夏と冬は少し増額されます。

私は入院したことがあるのですが、入院中は保護費が少なくなります。

2万円くらいだったと思います。

 

・受給中の生活

受給中は、仕事をしていないので病院の日以外は家で家事をして過ごしていました。

それだけじゃ退屈なのでお散歩をしたり、たまに友人に会ったりしてのんびり過ごしていました。

基本的に具合が悪いので家でマイペースに掃除や洗濯をして過ごすことが多かったです。

日光浴をしないと体に悪そうなので体調がいい日の午前中はお散歩をしていました。

 

・ケースワーカーとのやり取り

基本的に、定期訪問の時と、毎月の医療券発行の日に話す程度でした。

定期訪問の時も、こちらから話があるとき以外は長居はしないで数分から数十分話して帰っていきます。

訪問する家は一軒じゃないと思うのでそこまでの時間は割けないのかもしれません。

病気のこと、普段の生活の事、困ってることなどの話をよくしていました。

 

・生活保護から抜け出すことができたか

20歳の時に病気もだいぶよくなって、生活保護を減額してもらい、就職することができました。

半年ほど様子をみて、減額のままでいたのですが、

通院しながら仕事を続けられそうだったので、生活保護を止めてもらい、社会復帰することができました。

 

・これから生活保護を受けようと考えている方へのアドバイス

苦労することもたくさんあるとは思いますが、一回社会復帰のために治療に専念した方がいいこともあります。

相談に行くのはなにかと労力を使いますが、投げ出さなければ報われます。

経験談ですが、下調べをしてから相談に行った方よりスムーズになるとは思います。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA