生活保護を受けてからの私の生活

私は身体的、精神的、あと家庭の事情から生活保護を受けながら生活しています。

最初は保護受けながら、アルバイトをしていたのですが、

そこの職場の人間関係が地獄のような場所で、

飲食店なのですが、酔って勢いで病気のことや保護のことをバラされたりして、

人間的に見下され、精神面が悪化し、今は逃げるように退職し、保護だけで生活しています。

 

仕事を辞めて最初の一か月は、マイナスな事ばかり考えました。

どこかに逃げたくなったり、人が怖くなったり、死を考えたこともありました。

しかし遠方ではありますが、友人の支えがあり、

今は何とか人間らしい生活を取り戻したつもりではあります。

 

人間活動を始めるにあたり、まず先に行ったのが断捨離です。

家にあるものを思い切って捨てたり、売ったりしたんです。

生きていく為に最低限なものだけを手元に残し、あとはすべて処分しました。

 

断捨離で一番効果があったのは過去との断絶です。

あの頃は・・・と余裕があった時期を思い出すと心が苦しくなりますが、

そういったものが無くなった事により、新しい自分を始めることが出来ました。

 

そして、徹底した節約です。

私はお酒が大好きなんですが、そのお酒をほぼやめました。

毎日数本飲んでいたビールを今は週に一本の飲むか飲まないかです。

最初は難しかったですが、考え方の転換で、ビール一本分あれば納豆が2パック買えるんです。

税金を頂いているのですから、生きる事だけに重点を置いて生活するようになりました。

 

食費もかなり削っています。

ほとんど毎日納豆ご飯です。

お金があると使ってしまうので月初にお米や生活品などまとまった買い物をしてしまうんです。

支払い関係もすぐにやってしまいます。

 

あとは残ったお金をどう節約するか、試行錯誤します。

特売品の野菜で生活すれば、1日数十円でも生活でできます。

コンビニも使わないようになりました。

 

お金の管理ですが、私は口座を使いません。

お金は全て自宅に置くようにしています。

どうしても街中に出ると、欲しい物に目移りしてしまうので、下ろせないように自宅に保管するんです。

 

財布も小銭入れと、お札入れに分けました。

基本小銭入れはいじらす、出掛ける時は千円札一枚だけ持って出かけます。

これも出先で特売品などの安売りを発見した時のためです。

 

今は就職活動がメインの生活なので外出しない日の方が圧倒的に多いいです。

その為お風呂も2日に一回くらいにしています。

不衛生ですが、全ては節約のためです。

エアコンも使わず、扇風機か、厚着で対応します。

 

この生活を続けて随分経ちますが、それでも息が詰まることがやはりあります。

そんな時はパチンコ屋に行って読書をするんです。

お金は持たないので、パチンコは出来ません。

少しでも外に出ることで、心が若干リフレッシュします。

 

節約は我慢の繰り返しかもしれませんが、その我慢で発生するメリットや、

節約の楽しみ方を自分なりにも模索しながら生活しています。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA