生活保護を受けるにあたって

私は昨年九月から生活保護を受けています。

理由としては精神面、身体面から長時間労働が困難なため、

と失業してしまったことが大きな理由でした。

しかし、何も仕事をせずに生活をするのは苦しかったので、

ナイトワークをしながら、差額分を受給していました。

 

メリットとしては、やはり医療費です。

合計6科程の受診が月に一度あるので、心持ち余裕でした。

また精神科の受診もあったためか、先生方も気持ちを汲んでくれて、

体調を改善し、社会復帰しようとする私を後押ししてくれました。

 

しかし、問題は職場でした。

接客業でしたので、ある程度のストレスは覚悟していましたが、

御酒の席なので、理不尽な怒鳴られ方もありました。

職場内での無視や、給料が出ないサービス残業も多く、更に私の心は荒んでいきました。

また、上司しか生活保護のことは知らないはずなのに、勝手に同僚やお客様に言いふらし、

肩身が狭い思いをしました。

その為、休日は外出も怖く、ビクビクしながら生活をしていました。

 

そして、先月半ば強制的に職場をクビになりました。

謝罪をし、戻ってくるように責任者に言われましたが、何に対して謝ればいいのかわからず、

私は戻ることはありませんでした。

 

荷物の整理のため、二度ほど訪問しましたが、まるで他人扱いで、

自分が精神をすり減らしてまで頑張っていたことが、馬鹿馬鹿しくなりました。

 

精神的に更に追い込まれ、必要最小限の外出をし、今は生活費を抑えています。

治療だと自分には言い聞かせ、自分の好きなように時間を使っています。

 

仕事を辞めて、三週間ほど経ちましたが、やはり精神的には追い込まれます。

何も生産していない自分を自分で責めてしまいます。

保護費があるので、生活は出来るのですが、

それに胡坐をかいているようで、申し訳ない気持ちにもなります。

 

なるべく心穏やかに生活しているのですが、

以前の職場で感じた恐怖がフラッシュバックして、外出が怖くなる時があります。

それでも、どうにか生活を立て直そうと、ハローワークには週一回行くようにしています。

 

様々な事情で生活保護を受けている方がいると思いますが、考えれば考えるほど、心が荒んでいきます。

社会復帰をしたいのですが、不安でたまりません。

ケースワーカーさんも余り相談には乗ってくれず、孤独感に押し潰されそうになります。

少しでも前向きに生活を立て直し、病気と闘っていく為に、

保護を受けている方同士が意見を交換できるような場所があればいいな、と思っています。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA