近所住民の妬み嫉み

生活保護を受け始めたのは今から30数年前の話です。

私の家は母子家庭で、母と私たち子供三人で暮らしていました。

 

母は父と離婚したため母の実家がある田舎に引っ越してきました。

ただし、実家に母の兄弟もいたため、

同居はせず公営住宅に入居することになりました。

 

しかし母は田舎暮らしに必要な自動車免許ももっておらず、

学歴も中卒、そして幼い子供三人(一番下の子はまだ生後数か月)をおいて

働きに行くことは困難で生活保護を申請しました。

 

何も知らなかった母は直接市役所に出向き

「生活保護を受給したい」と担当者に伝えました。

すると「アンタみたいな図々しい人は初めてだ」

とハッキリ言われ追い返されたそうです。

しかも隣町に親戚が住んでいるから、

そちらから援助してもらえとキレられたそうです。

 

もう生活出来ないと知り合いに相談したところ、

近所の民生委員を通さないなんて無謀だ、却下されると教えられました。

 

その後、民生委員に相談して生活状況を市役所に報告してもらいました。

すると今度は受給OKとなりました。

ただし、隣町に住む祖父母から「援助はできません」とういうのを一筆書いてもらってそれを提出させられました。

ただ、地域によって手続きや考え方に違いはあると思います。

 

母も本当に助かったと思います。

でも、ここからが地獄でした。

生活に制限が設けられます。

近所の目があります。

 

生活保護には助けてもらいました。

本当に有難かったです。

でも、嫌な思いもたくさんしました。

 

近所のおばさんたちが我が家で生活保護受けてるのを知っていて、

まだ若かった母に対し「いくら貰ってんの?」と

買い物行った店のレジの大勢の前で聞いてました。

 

母が腰痛を発症歩けなくなり、しかも私たち兄弟全員風邪をひいて、

病院にはタクシーを使いました。

近所の人に通報されました。

すぐ市役所の福祉課の人が訪問して家に入ってきました。

我が家の状況を見るなり帰っていきました。

 

後日、福祉課の人が母に教えてくれました。

「あそこの家は生活保護を貰ってんのにタクシーを使っている!

私たちの税金で贅沢している!」と電話が入ったそうです。

 

福祉課の人によると、こんな通報珍しくないそうです。

そして匿名で、だいたい同じ人物だと。

ちょっとしたことで誤解され、何度通報されたかわかりません。

ここに書ききれません。

 

妬みもあります。

我が家の事で「あの人だけ何もしないで生活保護受けててズルイ!私も欲しい!」

と民生委員に詰め寄った女の人もいたそうです。

働いて足りないところを生活保護でカバーする条件でしたので、

母は何もしてない訳ではありませんでした。

 

家では寝ないでずっと内職してましたし、日中は歩いて行ける距離で働いていました。

民生委員の人は「生活保護受けてる事は、絶対に誰にも言わないでほしい。

妬み嫉みが本当に多いから」といったそうです。

でも母は限られた人しか知らないはずなのに、

なぜか広まっていると不信感を抱いていました。

 

近所の生活保護受けていたおばあちゃんは、

お菓子屋さんにケーキ1個買いに行っても

「しょっちゅうケーキ食べて贅沢だ」と通報されたと嘆いていました。

 

私が中学に入ってからは毎年春の恒例行事がありました。

私だけ。

それは私だけ担任の先生から呼び出され

「お父さんに会ったりしてないか?お父さんからお金なんかもらったりしてないか?」と聞かれるものでした。

そして最後に先生は必ず「ごめんな、こんな事聞いて。悪かったな・・・」

といいました。

 

これが高校3年生まで続き、不審に思ったので、高校の担任に問いただしました。

すると言いにくそうに「生活保護の絡みで、市役所の福祉課の職員からお願いされたんだ」と白状しました。

もう何もかも信じられなくなったのをおぼえています。

 

私は手に職をつけたかったので、先生が奨学金利用しての進学をすすめてくれました。

奨学金に関する資料も揃えて渡してくれました。

それで市役所にも就学に関する貸付金の問い合わせにいきました。

後日、担任の先生が言いにくそうに

「福祉課の職員が直接学校にきて、なぜあの子を就職させないんだ?」と言ってきたそうです。

本人の知らない所で学校にまで介入するので、びっくりしました。

 

私も18になるし、どっちみち生活保護は受けられなくなるので堂々と進学しました。

生活保護は本当に良い制度です。

子供の頃に助けてもらえたので、今は心から素直に税金を納めようという気持ちを持てています。

 

ただ、すごく嫌な思いをするのも事実です。

人が信じられなくなります。

この部分は地域性が関わってくると思います。

私は小さい頃、母をいじめる近所のおばさんたち全員大嫌いでした。

こんないやな思いをしてお金貰うなら、いっそのこと働きたいと小学生の時に思った程です。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA