低賃金で生活するより生活保護のほうが楽ができる

生活保護の不正受給などの問題が

メディアで取り上げられることが増えることで、

生活保護について考える人が多くなりました。

 

昨今は長らく続く不景気で、

リストラや非正規雇用の増加などの問題が大きくなり、

低賃金で生活のやりくりをしている人も多くなっています。

 

高度成長期の日本のように、ほとんどの家庭が中流ということは昔のことで、

小銭を数えながらその日その日の生活を送っている人もいるのです。

そのような人たちが勤労を怠っているのかというわけではなく、

いくら働いても賃金として反映されることがなく、

真面目に働くことがむくわれないと感じる若者も多くいるのです。

 

シングルマザーなどは、フルタイムで働けないうえに養育費などもかさみ、

生活が困難になっていく例も多くあります。

フルタイムで働くことができない、

正社員として雇ってもらえないということで、

低賃金となっていき、生活苦になっていくのです。

 

そういった低賃金のなかで生活をやりくりするよりも、

生活保護を受給した方が高収入になるということもあり、受給している人もいます。

生活がどうしてもうまくいかない場合は、受給を申請する権利は誰にでもあるので、

受給するなかで生活を立て直して、自力で生活する術を見つけられることが理想です。

 

最近では、不正受給などが問題になったこともあり、

役所への申請の際に、窓口であしらわれた末に、

餓死していたなどという悲しいニュースも見られます。

これからの日本において、低賃金と生活保護の問題は議論されるべき課題なのです。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA