医師から見た生活保護への疑問

病院で働いていると、生活保護を受けたいという人や、

生活保護を申請したほうが良いという人によく遭遇します。

 

もちろん、最後のセーフティネットなので、

病気などで働けない場合には、生活保護を誰でも受けられます。

しかし、条件があって、生活保護を受ける前に、

親族扶養が出来る場合には、そちらを優先します。

 

中には、親族で扶養できるような人もいますが、

生活全部を見るということは難しいでしょう。

中には、生活保護を受けているのに、家族の名義で車を買ってもらって、

自由に車に乗っている人もいます。

時々、不正に受給して、新聞に載るということもみかけます。

 

生活保護費は、単身では、だいたい9万円ぐらいで、住居費は含まれています。

いくらまでと決まっています。

更に精神障害者手帳の1級、2級など該当する条件があれば、

2万円ぐらい追加になりますので、11万円ぐらいの支給です。

 

その中には、医療費も含まれるのですが、医療扶助と言って、

医療は高度先進医療などは受けられないでしょうが、医療費はただです。

紙パンツ、パットなども必要なら、医師の意見書を書いてもらうと、ただです。

 

こうなると、国民年金だけの単身の人よりも、豊かな生活になってきます。

国民年金だけの人だと、高齢者でも6万円台の人もいます。

当然、国民年金だけでは、生活できないとなると、生活保護を受けて足しをもらうということになります。

受けないと、医療費で圧迫されて生活ができずに、借金などをしてしまうこともあります。

 

また、生活保護の人は、自分だけが生活しているのですが、

母子家庭などの人は、生活保護は受けていない家庭でも、

生活保護の人よりも苦しい生活をしている人を多く見かけます。

 

また、若者で、働いて収入を得て、翌年には、働かずに生活保護を受けて、

また働いてという人がいました。

この人は、また、生活保護を受けようかなという感じでした。

何を考えているのかなとも思います。

なぜこのような人が生活保護の申請が通るのかなっとも思います。

 

また、市によって、生活保護の申請が通りやすいところもあるようです。

チェックが甘いのでしょうか。

生活保護課の公務員も、何年かだけ生活保護課のケースワーカーで、

時が来れば、別の課に異動となります。

責任というものは一体どうなっているのかとも思います。

 

一応生活保護は大切な制度ですが、悪用されたり、安易に使われると、

所得が少なくても、税金を真面目に収めているのが馬鹿らしくも思えます。

しかし、日本は、国民は助け合わないといけないということになっています。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA