生活保護を受けている叔父の面倒

3ヶ月ほど前に生活保護を受けている叔父が軽い脳梗塞にかかり入院しました。

叔父は80代後半、以前は持ち家で家族もいましたが、借金の抵当に家も失い、

そのことがきっかけとなり、離婚、家族も失いました。

高齢で働けなくなり、年金も払っていなかっったため、生活保護を受けることになりました。

 

住んでいる向かいには、病院があり、コンビニも歩いて数分、

程よい場所に借家を借り、一人で生活していました。

いつものように行きつけの喫茶店でコーヒーを飲んでいる時に体調が悪化、

救急で大きな病院にかかり、入院することになりました。

 

叔父は私の父の兄にあたり父は仕事も引退していたので家族の代わりに毎日のように病院へ行き、

着替えや必要なものを届けたりしました。

 

病名は軽い脳梗塞、入院時には軽い麻痺もあり、

しばらくは点滴と薬、リハビリで歩けるようにまで回復、

1ヶ月ほどで退院後どうするかの相談をすることになりました。

 

本人は今まで住んでいたアパートに戻りたいと言いましたが、

また病気を悪化させるんではないかということになり、

入れる施設をケースワーカーの方と何度も話し合い、見学に行ったりと、

何日もそのことで時間を取られました。

 

どこの施設も今入っている方たちでいっぱいで、空きを待つことになりました。

しかし、大きな病院ですので、どんどん患者さんも入ってくる、

とうとう退院を迫られ、本人の意思と共に退院することになりました。

 

体が以前のように自由に動くわけでもないので、ヘルパーさんが週に何日か来ることになり、

買い物や、身の回りのことも手伝ってくれることになりました。

しかし、食事面では改善されることもないので、また病気になってしますかも知れないという不安があり、

いつ父のもとに連絡が来るかもしれない状況は変わりません。

 

私が思うことは、その人の子供もどこかにはいるはずなのに、

離婚したから関係ないと思っている元家族に、ちょっと腹立たしさを覚えます。

父が先に亡くなっったときには私の方に連絡が来るのではないか、

そうでなくてもうちが葬儀のこと全般をしなければならないかなどと、

なぜうちが・・・、という気持ちでいっぱいです。

 

真面目に年金を払い、ギリギリの苦しい生活をしている私たち家族がいろいろなことをしなければならないのが、

納得いきません。

その人の子供だった方にも何かをする義務があるはずと思えてなりません。

いろいろなことにお金の心配はいらない叔父さんの周りの親戚は

とても苦労することになるということをわかってほしいです。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA