生活保護受給について、医療従事者の私が感じること

先日「生活保護」の方々を侮蔑するような内容を記載したジャンパーを着用して、

対象者の方々の自宅を訪問しており、問題になったケースがありましたよね。

あのニュースをテレビでみて、本当に複雑な気持ちになりました。

確かに、あの行動はけっして、認められるものではありませんし、

それによって、精神的な苦痛を味わった方々のことを考えれば、けっして許されることではありません。

けれども、医療現場で働いている私には、

「そう言いたい気持ちも理解できなくはない」という思いも確かにあるのです。

 

「生活保護」を受給されている方々のケースは実にさまざま。

必要な制度であり、ほんとうに困窮されている方々にとっては、まさに神様のような制度でもあると思います。

しかし、患者様の中には、本当に困っているにもかかわらず「生活保護をいただくなんて、世間様に申し訳ない」

「そんな、恥ずかしいことできない」などという思いから、

かたくなに、制度を利用することを拒絶される方もいらっしゃいます。

実直で、正義感のある方が多いですが、世の中は「持ちつ持たれつ」であり、

体調や生活状況が安定すれば、逆にお返しすればいいのですから、引け目を感じる必要はありません。

むしろ、積極的に活用していただきたいと思いますね。

 

一方で「どうして、この方たちに、生活保護が支給されているのか」と疑問に感じずにはいられない方々も、

いらっしゃるのが現状でもあります。

高級外車をのりまわし、ブランドバックを持ち、1回3万円のディナーショーに参加して、

生活保護を受給されている方もいらっしゃいます。

通常は、生活保護での支給が認められないケースであるにもかかわらず、

ごり押しして認めさせられたケースもありました。

「まじめに働くのがバカバカしくなるよね」とこぼしていた同僚もいましたが、

ほとんどの人が同じ感想を持たれると思います。

威圧的で、攻撃的なタイプの方が多く、役所でも対応に窮しているという意見を聞いたこともありますね。

 

病院によっては「生活保護の方はお断りする」という病院もあるそうですが、

背景にはこのような事情があるのかもしれません。

正当な理由で受給されている方々に、精神的な苦痛を与えないためにも、

ぜひ、このような需給に歯止めをかけていただきたいと思います。

対応は困難だとは思いますが、貴重な税金が使用されているわけですから、

国民が納得できる使い方をしてほしいですね。

そのためにも、この現状を、より多くの方々に知っていただきたいと思います。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA