生活保護費の引き下げの問題について

最近では生活保護という言葉が

ニュースや新聞などの様々な情報から

ピックアップされています。

 

実際に生活保護というのがどういう制度かというと、

日本の場合には何らかの理由で労働が行えず生活が出来ない人、

若しくは労働をしていても最低賃金に見たいない社会人に対して、

福祉の観点から国が各自治体に対して様々な扶助をするように取り決めています。

 

特に生活保護を取得している人の多くは無年金などの高齢者や障害者などの

働きたくても働けない状況にある人が大半を占めています。

 

しかし、最近ではその生活保護に対しての提供されるお金を引き下げる動きが出ています。

一見すると通常の労働が行える人にとっては余り変わらないように思われますが、

実際は別々ではなく生活保護の引き下げが行われる事によって、

労働者の賃金そのものも引き下げられる可能性が非常に高くあります。

 

その理由としては引き下げの理由がデフレという経済状況にあるためです。

そして毎月支払われる費用というのは一般社会での生活の最低賃金がベースになっている為に、

引き下げを行うと言うのは全体的な経済での最低賃金が下がることになります。

 

そうなると、現在の給与が経済の中でも高くなるので給与カットや

時給そのものが低く現状よりも低く設定されてしまい、

最終的には全体の労働者の賃金が下がってしまうことになるのです。

 

その為、単純に関係ないから引き下げに対して興味がなかったり、

安易に考える結果労働者自身の生活水準fが下がる可能性もあります。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA