貧困ビジネスに注意

ホームレスの人達におにぎりや生活物資を配る人がいます。

 

一見、良い人に見えますが、

その正体は、貧困ビジネス業者です。

 

「生活保護を受けへんか?」といって、

ホームレスの人に生活保護の申請の手続きを行なわせます。

 

中には、貧困者支援NPOを騙っている業者も。

 

生活保護の申請が認められると、家賃や食費といった名目で、

保護費のほとんどを業者が吸い上げるという仕組みです。

 

業者の言い分は、「ホームレスになって寒い外で寝るより、

暖かいアパートで寝れて、最低限の食事も摂れる生活の方がエエやろ」

というものですが、そのマージンとしてはあまりにも法外な値段を搾り取っています。

 

当然、生活保護を受けた本人は、それでは生活できなくなってしまいますから、

どうするかというと、実は裏でコッソリ働かされているのです。

 

これは当然違法行為ですが、仕事に就く際、

名前を少し変えたり、生年月日を偽ったりするだけで、

受給者が働いていることは、意外とばれないのです。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA