生活保護を受けることができる基準と金額

最近、何かとニュースで話題になっている生活保護ですが、

これはどういった制度なのかはあまり知られていません。

 

この制度の元になるのは、日本国憲法で定められた

「国民は健康的で文化的な最低限度の生活を保障する」です。

また、法律も制定されており、それらが元となり、

生活困窮者に生きていく上で必要な

「衣食住」を行うための資金を援助する制度です。

 

生活保護を受給する基準は、各自治体によってバラバラですが、

少なくとも「収入がなく、生きていく上で困難である」

という条件を満たしているのであれば、受給する資格はあります。

あとは、自治体の判断になります。

 

生活保護の受給が認められた場合、

支給される金額も各自治体によって異なりますが、

平均で7万円から8万円と言われています。

これに加え、住宅手当もでますので、総額10万円ぐらいです。

 

また、医療費は無料となり、国民健康保険料の支払いも免除されるため、

風邪をひいた場合でも医療費をしはら必要はありません。

 

再就職を目指し、職業訓練等を受けている場合は、

毎月10万円が支給されます。

これに加え、職業訓練を受けるために発生した交通費も支給されます。

この職業訓練費は、毎日受けることが義務付けられており、

規定日数以上休むと支給されません。

また、職業訓練を受けることによって支給された場合、

生活保護を外されるということはありませんので、

両方受けておけば毎月20万円ほど収入を得ることができます。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA