保護費の受け取り方

生活保護費は、金融機関か、

福祉事務所の窓口で受け取ることになります。

 

現物で給付される特別なものは除いて、

生活保護費は金銭によって手渡しされます。

 

原則として毎月、月のはじめに、

指定した金融機関または福祉事務所の窓口で

受け取ることになります。

 

ただし、生活保護開始時や、ケースワーカーとの面接がある場合などは、

福祉事務所で直接受け取る方法が取られることもあります。

 

また、入院中の場合は、治療費として、

その病院に直接支払われるため、

本人による医療費の負担はありません。

入院中、必要になる日用品にかかったお金は、

生活扶助が病院に送金され、病院から本人に渡されるようになっています。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA