生活保護を受けるための年収条件

どんなに頑張っても

最低限の暮らしをすることが

難しい人が頼るのが生活保護です。

 

この制度は誰もが受給できるわけではなく、

様々な条件をクリアした人だけが受けることができます。

 

例えば、預金、土地、車等の財産がある方は受給できません。

申請時には、貯金がなく現金も殆どない状態である必要があります。

更に、収入がない人がもらうものであるため、年収の条件があります。

 

しかし、生活保護で指す収入とは、働いて得た分だけを指すものではありません。

他のありとあらゆる制度や手当を駆使し、それでも足りない部分だけを補足するものです。

そのため、年金はもちろん、扶養義務のある人からの援助や

兄弟からの援助も個人の年収として計算されます。

その年収が最低生活費より少ない場合のみ受給することができるのです。

 

最低生活費というのは、世帯ごとに異なります。

単身世帯と母子家庭では、当然最低生活費が異なります。

更に自分の住んでいる地域の級地等でも変わってきます。

そのため世帯ごとに支給される事になるため、年収の条件も変わってきます。

 

そのため自分が受給対象となるのか知っている人は多くありません。

自分が受給対象であるのか調べる方法として、自動計算ソフトの活用があります。

近年ではインターネットを利用し検索すると自動計算ソフトを見つけることができます。

計算ソフトには自分の住んでいる地域級地や年齢、

家族構成、障害者の有無等を入力することで自動計算されます。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA