精神病が発病。そして保護を受ける…。

我が家は夫婦そろって精神病になってしまいました。

正確には精神病になった夫と結婚した…のですが、

結婚後、私も同じ状態になってしまいました。

 

当時の私たちはまともに活字も読めず、

テレビがついていることすら苦痛だった為、

働き続けることが出来なくなりました。

 

そこで頼ったのが生活保護です。

今は審査がとても厳しいらしいのですが3年位前の私たちは、

そんなに時間もかからず支給決定が出たのを覚えています。

 

同じような病気の人から

「生活保護って遊べる?どれくらい自由に暮らせる?服とか買える?」

と聞かれたことがあります。

その人は実家暮らしで、私からみてそんなにお金に不自由しているようにはみえない人でした。

でも病棟で知り合った人と同棲(結婚?)したいと考えていて、

2人とも私からみて「まともに」働ける状態ではない人達でした。

 

私は受給時に感じていたままに答えました。

「ちゃんと自炊して節約して生活していれば、

毎月は無理でも年に1度位、遊びに行けるかもしれないよ。

服も買えなくはないけど…必要最低限にはなっちゃうと思うよ」と。

(ここでいう「遊び」は例えばディズニーとかのことで、

近くのショッピングモールにお出かけとかではありません。)

 

私が生活保護を受けていたのは都内23区内でのことだったので

全国平均よりは頂いていたかもしれません。

それでも本当に働けない状況で、

正直家事も精一杯だった私達にはいっぱいいっぱいの毎日でした。

 

 

生活保護を受けるべきか否か

私は保護を受けた場合に頂ける金額より

現在の収入が下まわっているのなら受けた方がいいと思います。

 

たまにテレビで子育てしながらパートで頑張っているシングルマザーとか特集していますが、

そういう人は一時期でも受けられるものは受けていいのではないかと思っています。

 

 

ギリギリ収入が同じ位の場合

私が受給中に一番助かっていたのは「医療費」です。

金銭的余裕がなく、つい後回しにしてしまうのが病院。

多少の熱や風邪、虫歯はあるけれど痛いわけではない歯科、

気にはなっているけれどなかなか行けない婦人科。

 

どれも現在はそんなに余裕がなく行けていませんが、

受給中は基本的には病院は無料になるので

(全ての病院ではなく生活保護で受けられる病院です)

歯科などにはかかりやすくとても助かりました。

なので収入と受給額が同じ位で病院にかかれずに困っているような方の場合、

受給も悪くはないのかもしれません。

 

ちなみに受給資格ですが財産がある方は受けられません。

持ち家とか車とか、貯金(私は5万以下でした)とか保険契約とか…。

そういうものを売って(解約して)暮らしていくお金が捻出できる方は対象外なのです。

 

生活保護費が増え続ける現在の日本。

受給基準が厳しくなっているのも仕方ないのかもしれませんが、

必要な方がちゃんと受けられる制度として機能してくれることを願っています。

 

ちなみに我が家は現在、受給額より数万円多い収入があります。

医療費を考えたら私は再度受給してもいいのではないか?と思っていますが、

夫が保護には反対なのです。

月に1度の役所への訪問や突然の自宅への訪問など、

当たり前ですがこちらの生活に職員が口を出してくるので嫌な人は嫌なのかもしれません。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA