自己破産と生活保護

やむにやまれぬ理由で

自己破産をする方も少なくないのではないでしょうか。

その後も病気を患ったりして働けない場合は、

生活保護を受けることもできます。

 

自己破産をしたから受けられないのではないかと、

心配する方もいるかもしれませんが、

実は借金があると逆に生活保護が受けられないのです。

 

生活保護という制度は本来、病気などで働けない人たちが

生活できるようにサポートする制度です。

当然ですが借金を肩代わりする制度ではありませんので、

借金があると審査にはまず通りません。

 

ですのでもし借金が残っている場合は、

申請時に債務整理手続きを進められることが多いです。

借金がある方は生活保護申請と債務整理、

すなわち自己破産を並行して進めるのが一番ベストなのではないでしょうか。

 

まずは弁護士に相談してみましょう。

当然ですが、弁護士に相談するとお金がかかってしまいます。

どうしても費用が払えないというのであれば、

一度役場の方で相談してみるのも一つの手です。

また、無料で相談に乗ってくれる団体もあるので、そちらに相談してもよいでしょう。

 

「どうせ自己破産をするのであれば、お金を借りられるだけ借りておこう」

という考えは絶対に持たないでください。

債務整理ギリギリまで借金をしている場合、

債務が免除されない場合があります。

その為、債務整理をすると決めたら、もうこれ以上

借金は増やさないようにしましょう。

 

しかし、自己破産も生活保護もできれば受ないことが理想です。

どうしても無理な時のみ検討するようにしてください。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA