失業中の生活保護

申請者の求職活動が、

客観的にみて十分能力を活用していると判断されれば、

比較的簡単に生活保護が適用されるはずです。

 

また、仮に不十分であったとしても現に生活できないのであれば

今後努力することを確認のうえ保護が適用されることもあります。

そして、最低生活を保障されつつ仕事を探すことができます。

 

ですから、申請時に、これまでの求職活動がよくわかるメモや、

職安の登録カードなどを持っていくと、スムーズに受け付けてもらえます。

 

特に、近年の雇用情勢では、一生懸命仕事を探しても、なかなか見つからず、

そのうちに雇用保険が切れてしまったり、蓄えが底をついてしまうことも十分にありえます。

生活保護は、そういう人のための制度のはずなのです。

 

生活保護を利用しながら仕事を探すようになった場合、

定期的に求職活動の報告を求められることになります。

あなたが一生懸命努力しているつもりでも、

その努力が担当者に伝わらなければ、努力していないとみなされる場合もあります。

 

また、生活保護を受けている場合、

ハローワークに行ったり、面接を受ける場合の交通費が支給されます。

他にも、就職が決まって、どうしても必要なものを揃える場合、就職支度費が支給されます。

働き始めた後も、保護基準を上回る給料がでるまで、保護は継続されます。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA