生活保護の方の引越し

生活保護を受給していると

家賃の高い所には住めません。

 

もし家賃の高い場所に住んでいる場合は、

生活保護を受ける際に家賃の安い物件に

引越しするようにケースワーカーから指導されます。

 

生活保護を受けるほど困窮しているわけですから、

当然引越し費用など出せるはずもありません。では、

生活保護の方の引越しはどうすればいいのかと

思われる方がいるかもしれません。

 

生活保護の方には、引越しなどに掛かる費用を

支給されるようになっているので心配は要りません。

 

引越し先が同じ区域なら生活保護の再申請も必要ありませんし、

もし、市を跨いでの引越しの場合も、

現在地での生活保護の廃止を申請してから、

引越し先の福祉事務所で生活保護の再申請をし直すだけです。

 

このような多少複雑な手続きでも、

ケースワーカーが全て手配してくれるので安心です。

 

引越し業者も福利事務所側が用意した一番安い業者を選ぶ事になっているので、

自分で探す手間は必要ありません。

また、家賃以外の理由でも、例えば現在の住居先の

アパートの大家からの強制退去を言い渡されたり、

地震などの災害や火事で住居が住めなくなってしまった場合などでも

生活保護の方の引越しが許可されています。

 

隣の住民の騒音被害や嫌がらせなどがひどくて

ノイローゼなどの精神疾患を発症、または悪化させられて、

自主的に現在の住まいから引越ししたい場合などは

ケースワーカーが状況を調査した後に審査を行い、

その審査の結果によって許可不許可が決定されます。



生活保護 関連記事


生活保護の方の引越し への1件のコメント

  1. ゆう

    現在 借家で中学になる 息子と住んでいるのですが 何か一つ 壊れても 自分で直してと言われ 水道管が破裂した時も 大家に電話したら 大家の知り合いの水道屋が来て 足だいと 修理費とで 一万も払わされました。 文句が有るんなら いつでも出て行ってくれるでとまで言われました こんな 理不尽な話し有りますか

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA