生活保護への批判

「生活保護受給者の暮らしは楽な上に贅沢もできる」

といった誤った情報がマスコミの報道によって流されています。

 

また、「生活保護を受給してる人が高級外国車に乗っている」

なんていうデマも飛び交ってますが、

そもそも生活保護の利用者は特別な事情が無い限り、車の保有は認められていません。

 

他にも、「生活保護の受給者がタクシーを使っている」と報道されることもありますが、

生活保護の利用者の8割は障害を持っている人や、高齢者です。

普通のの人なら歩けるところでも、バスやタクシーを使うことも当然あるでしょう。

 

「1日に使える金額が1000円しかない」という話を聞くと、

一般の人は、「国民の税金で食べているくせに、贅沢を言うな!」と反感を持ちますが、

1日1000円程度では、急な出費に対応することはできませんし、

毎日、毎日、生活を切り詰めて捻出できるのが、「1日1000円」なのです。

 

これでは、なかなか「最低限の文化的な生活」を維持することはできないのです。

 

そもそも生活保護は、単に生きるためのギリギリの水準ではなくて、

健康で人として社会的な付き合いなども含めた、水準でなければならないと規定されています。

憲法が保障しているのは、最低限度の「生活費」ではなく、最低限度の「生活」です。

 

それに公務員や国会議員の給料だって、言ってみれば税金です。

彼ら全員が、まっとうな仕事をしていると言い切れるでしょうか。

 

「でも、生活保護を受給しているくせに、パチンコやギャンブルに使う人は何なの?」

という言い分もあるでしょう。

 

ですが、支給された生活保護費を、何に、どれだけ使うかは、原則として受給者の自由なのです。

健康で文化的な生活の範囲内であれば、娯楽を享受することは認められています。

 

それに、適度な飲酒やギャンブルは、楽しむため、ストレス発散のためには必要なこと。

ですから、不正受給には当たりません。

 

批判する人の中には、「現金ではなく現物給付にすればいいのだ」と言う人もいますが、

何を必要とするかは人それぞれですから、現実的とはいえません。

 

大切なのは、「生活保護費で遊んではいけない」という決め付けではなくて、

生活保護費といった財源を生活費や生活必需品として、

適切に消費することができるように生活支援をしていくことなのです。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA