シングルマザーと生活保護

きっかけは、離婚と借金でした。

三人の幼児を連れて離婚したため市役所に駆け込みました。

市の担当者からは生活保護を受けるには

今の家(家賃7万円)では申請が通らないので

とりあえずもっと安い所に引っ越してくださいと言われました。

 

もちろん、家を借りるための初期費用や引越し費用は実費です。

お金がなくて生活保護を申し込んでいるのにこんな矛盾はないと絶望しました。

諦めかけましたが、なんとか、身内から初期費用を借りました。

引越し費用はどうしようもなかったので、父親から軽トラックを借り丸一日かけて自分たちで引越ししました。

 

引越しが終わるともう一度、市役所に申請を出しに行き、必要書類をだしました。

結果は2週間ほどかかると言われ結果が出るまでドキドキしながら待ったのを覚えています。

当時は8月で真夏なのにクーラーを買うことができず

窓を開け扇風機の後ろに氷を吊るして回し

子供達が熱中症にならないように気をつけながらひたすら結果を待ちました。

 

結果は、思ったよりも早くて1週間ほどで承認してもらえました。

これでやっと普通の生活ができると安心しました。

これでやっと4人での新らしい生活が始められる。

承認されてから程なくして家に市の担当者であるケースワーカーさんが来ました。

自己紹介が終わると、家族構成を聞かれ、家にある家財をすべてチェックし少しの雑談がありました。

 

私もわからないことを訪ねました。

ブランドものは売らなければいけないの?

車は乗っちゃいけないの?

保育所はどうしたらいいの?

すべて答えてもらいました。

 

答えは、ブランドものは、売ってもお金にならないものはそのまま使っててもいい。

車は市からの許可がなければ何があっても乗らないでください。

保育所はお母さんしだいです。でした。

 

無理やり引越しをしたため保育所はかなり遠くなってしまっていたので、

バスか自転車を使うしかありませんでした。

子供がまだ小さくて荷物もかなりあって周りの方に迷惑がかかると思いバスは断念しました。

 

結局、保育所にはお母さんの電動自転車を借りて

その自転車に4人プラス荷物をのせ片道30分かけて行きました。

しんどかったけど、慣れれば休憩しつつ子供達と楽しみながら行けました。

 

それから、私はケースワーカーさんに言われ仕事を探し働き始めたのですが

すぐに下の子が熱で仕事を休まなくてはいけなくなり2日休んだ時点でクビになりました。

それからも働いてはクビの繰り返しで大変でした。

一時は私がうつ病になったこともありましたが

今は子供達も大きくなり私も元気でギリギリだけどなんとかやっていけてます。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA