生活保護受給者はこんな生活をしています。

私の世帯(世帯主は母です)は、生活保護を受けています。

私の家はもともと、裕福なほうではありませんでした。

父は、私が幼いころに亡くなり、母がパートに出て、私と兄と妹の、3兄妹を育ててくれました。

そんな母も病弱でしたので、やがて、パートにも出られなくなり、内職をして家計をやりくりしていたようです。

幼かった私には、あまり細かいことは分かりませんでしたが、それでも、生活保護は受けていなかったようです。

 

やがて、兄は中卒で、私と妹は高卒で、就職したので、働き手が3人になり、

それなりの暮らしができるようになったのも、つかの間、

私は遅刻が多いとの理由で、解雇されてしまいました。

私は、自分を責めましたが、理由がありました。

 

私はアルバイトを始めましたが、やがて、そこでも遅刻が多くなり、辞めてしまいました。

アルバイトしている間に分かった事ですが、私は、「強迫性障害」という精神病にかかっていました。

どんな病気かは割愛しますが、外に働きに出ることが難しくなってしまいました。

それと、ほぼ、時を同じくして、兄は仕事の都合で、家を出てしまいました。

もう、その頃には、母は働けるような体ではありませんでした。

 

母と私と妹の3人暮らしの家計は、高卒女子の妹の収入に頼らざるを得なくなりました。

ここでやっと、母は役所に相談して、結果、生活保護を受けることになりました。

生活保護というものは、色々な努力をして、それでもなお、生活に困窮した場合に、

その不足分を補うものらしいので、妹の月収が多くても少なくても、

生活にかけることの出来るお金は、一緒でした。

 

しばらく、そういう暮らしをしていましたが、ある時、勧誘の電話がかかってきました。

「パソコンを差し上げるので、NTTの光回線を引いてくれないか」というものでした。

実は、私は会社員時代にプログラマをしていたこともあって、贅沢と思われるかも知れませんが、

ネット環境のない当時の暮らしが退屈でした。

私はもろ手を挙げて賛成しましたが、事務職だった妹はともかく、

戦中生まれの母は、何やら、訳の分からない、金のかかるファミコンみたいなものが、家の中に入ってくる、

と感じたようで、あまりいい顔をしませんでした。

 

私は、母を説き伏せて、「役所のケースワーカーさんがいいと言ってくれるなら」との言質を取り付けました。

さっそく、役所に相談すると、「今の生活費の範囲内で出来うるものなら構いません」とおっしゃいました。

それまでの電話代と、ネット料金の差は、私の小遣いから、差し引かれることになりましたが、私は大満足でした。

 

それから、しばらくして、我が家にトコジラミ(南京虫)が大量発生しました。

彼らは夜行性らしく、寝ている間に家族の血を吸います。

なぜか、私の被害が一番大きく、寝ている間に、かゆくなってボリボリひっかくものですから、

朝起きると、噛まれた赤い跡と、ひっかいた傷が出来ていました。

 

私の皮膚は浅黒くなり、肌着や布団カバーは、寝返りを打って彼らがつぶされた時の血の跡や、

彼らのフンで汚れていきます。

洗濯してもほとんど落ちません。

また、物陰に住み着き、卵を産み、そこもフンで汚れていきます。

 

自分たちで駆除を試みたことも何回かありましたが、成功しませんでした。

完全駆除をうたう業者さんに頼もうにも、10万円以上かかってしまい、とても無理でした。

 

役所に相談しましたが、費用を工面してはくれませんでした。

それからずっと、現在も、被害は続き、就寝中にふと目覚めると、体中を彼らがはい回っているのですが、

それにも慣れてしまいました。

母や妹は夜中に起き出して、目に見える虫を取り除いているようですが、焼け石に水です。

こんな被害があっても役所は動いてくれないんだと正直、がっかりしています。

 

確かに、生活保護で、生きることに困らなくはなりましたが、こんな日々には辟易してしまいます。

貯金でも、何でもして、駆除できるお金を準備したいところですが、

そんなお金があったら、生活費に回せと役所は言ってくるに違いありません。

そして、受給額はカットされるでしょう。

生活保護を受けるのもよしあしかも知れません。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA