一時扶助

生活保護には、臨時的な物資の確保のため、

一時扶助という制度もあります。

 

例えば、布団類や炊事用具、食器類や交通費など

本来はふだんの保護費の中から計画的にやりくりして

購入すべきものですが、

はじめて保護を受けたときや、

入退院の時、出産や入学のときなど、

一時的に、ある程度のまとまった生活用品が必要になる場合、

一時扶助によって一定のものを揃える資金が支給されます。

 

主なものは、ふとん、服、

小学校・中学校への入学準備金、

家具、住宅補修費などです。

 

これらは全てが金銭給付というわけではなく、

中には現物給付されるものもあります。

また、物によって費用限度額も定められています。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA