ホームレスは生活保護を受けれない?

生活保護を受けることができるのは、病気や高齢で本当に働けない人だけで、

ホームレスや若い人は受けられないと思っている人が大勢います。

 

でも実際は、ホームレスであっても、生活保護の申請は可能です。

ただ、相当気合の入ったホームレスでないと、

生活保護の獲得は難しいのが現状です。

 

生活保護の窓口は、市町村になっているため、

住民票がなければどこが窓口になるか特定できないため、

役所がそれを言い訳にして、生活保護を受け付けないのです。

 

ですが、生活保護制度自体は国の制度ですから、

日本国民であれば、誰でも受給する権利があります。

 

まず生活保護法では、決まった居住地がないと保護が受けられないことになっていて、

公園や車で寝泊りしている場合は居住地として認められません。

 

そのためホームレスが保護を受ける場合は、

自立支援センターといった施設に入り、そこで住所を作り、

集団生活を行いながら、それぞれが生活できるよう、

住居や生活用品等をあてがってもらうことになります。

 

ただ、ここまで揃えるのは行政側にとってもかなりの出費になります。

保護する側としては、集団生活の中でルールを守り、昼間は仕事をして規則正しく、

ホームレス時代の生活パターンから180度切り替わってもらわないことには、

初期投資が全くの無駄になってしまいます。

 

センターでの生活は、集団生活になりますので、

門限や消灯時間がキッチリと決められています。

また、トラブルの元になる飲酒やお金の貸し借りも禁止です。

 

今まで自由奔放に生活してきた人達からすれば、

集団生活や規則正しい生活の縛りは厳しく、その結果、途中で投げ出して、

気楽な路上生活へと逆戻りするケースも多く、それだけに申請のチェックも厳しくなっています。

 

生活保護獲得までに立ちはだかるハードルでつまずく人がたくさんいるのが現状で、

ホームレスが見放されているわけでは決してありません



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA