年金、税金を滞納

「国民の義務である納税を怠っていた場合、

生活保護を受けることはできないのか?」という疑問をお持ちの方もいることでしょう。

 

結論から言うと、税金や年金の滞納を理由に、

生活保護の申請が却下されることはありません。

 

むしろ、税金などが支払えなくて督促状などをもっている場合は、

それも生活保護の申請時に持っていけば、

生活に困っている実態を理解してもらいやすくなります。

 

また、こうした督促状は生活保護が始まると送付がストップします。

未納分を納められないまま、生活保護の受給が始まった場合、

督促状の送付は止まり、それまでの未納分については、

減免もしくは延納という対応がとられることになります。

 

なお、延納か減免のどちらの方法をとるかについては、

自治体によって、また金額によって異なります。

 

ちなみに保護が開始してからは、住民税、所得税ともに負担はありません。

 

住民税は免税となります。

所得税については収入に応じいったん納めることになりますが、

その分が控除対象となり、生活扶助からまかなわれることになるため、

結果的に負担は生じないようになります。



生活保護 関連記事


年金、税金を滞納 への2件のコメント

  1. たろう

    >また、こうした督促状は生活保護が始まると送付がストップします。

    未納分を納められないまま、生活保護の受給が始まった場合、

    督促状の送付は止まり、

    私の自治体では止まりませんが・・・?

    返信


  2. 生活保護受給3年めで突然年金催促状が送られて来ましたが……

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA