生活保護を受給している母子家庭が再婚

生活保護は病気や怪我の為に

収入を得ることができない人の為の制度です。

小さい子供がいる母子家庭では、状況によって

生活保護を受給することもできますが、

いずれ子供が大きくなると受給されるお金だけでは

生活を維持することが難しいので、

公共機関の職業専門校で資格や

技術を身に着けることが重要になります。

 

子供が小さくて手が離せず、近くに頼ることができる人がいない場合には

収入を得ることが難しいので生活保護を受給することができるかもしれないので、

最寄りの市区町村の窓口に相談に行ってください。

 

不正受給のニュースが世間を騒がせている為、

本来受給資格がある人が役所に相談に行かず

一人で悩みふさぎ込んでいる人も数多くいますが、

そのような方を守る為の制度なので恥と思わないでください。

 

実際に需給ができるようになれば、生活にも余裕ができますし

子供にも栄養バランスのとれた食事を与えることができるようになります。

まずは、子供のことを最優先に考えることが先決です。

 

縁があって再婚をすることになった方は、

再婚した時点で生活保護は必要なくなると一般的には思われます。

相手に安定した収入があれば

生活保護の受給対象から外れることになるので、

役所に報告しなければなりません。

そうしないと不正受給になってしまいます。

 

お金のことを優先に考えて籍を入れない方もいるようですが、

内縁の関係になってしまうと後々面倒なトラブルに発展するかもしれませんので、

再婚を考える相手ができたら母子家庭から脱却して生活することが望ましいです。



生活保護 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA